もみの木クラブトップこどもの成長成長ホルモン治療の治療期間

こどもの成長

成長ホルモン治療の治療期間

基本的には最終身長に達するまで続けることが必要です。具体的には、年間成長率が1cmになった時か、手のレントゲンで骨端線が閉じた時(日本人標準骨年齢では男子16歳、女子14.7歳) 暦年齢では、男子18歳頃女子16歳頃まで続けることになります。しかし、思春期の早い遅いや、性腺刺激ホルモン分泌不全の有無によって治療期間が異なり、20歳を過ぎることもあります。

メニュー

その他メニュー