こどもの成長

入院での検査

外来で行われた検査の結果、何らかの病気が疑われれば、入院による精密検査が必要となります。外来での検査結果で病名を確定するかとができる場合もありますが、入院して検査を行う方が適切な場合もあります。入院日数は1週間前後で、入院による検査は、成長ホルモンの分泌量を検査する「成長ホルモン分泌刺激テスト」、副腎質刺激ホルモンや性腺刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモンの分泌を検査する「その他のホルモン検査」や頭部MRI24時間糞尿検査などです。

メニュー

その他メニュー