こどもの成長

低身長の種類

こどもの身長を伸ばすためには、さまざまな要因が必要となってきます。そのためある種の要因が足りなくなると背が伸びなくなる場合があります。

低身長の種類も大きくわけて2つの原因が考えられます。遺伝的な因子が原因による「家族性低身長」、胎内での発育が悪かったという「胎内発育不全性低身長」、「思春期が普通より遅いための低身長」などの病的とは考えられない低身長と、成長ホルモンが足りない「成長ホルモン分泌性低身長」、ホルモンの異常による「甲状腺機能低下症低身長」、虐待などの心理的な原因による「愛情遮断症候群低身長」、染色体異常による「ターナー症候群低身長」、骨系統先天性疾患による「軟骨無形成症低身長」などの病的な原因によるために治療が必要な低身長です。

メニュー

その他メニュー